軽量超剛性のミニ三脚 Leofoto MT-03+LH-25

過去にも色々ミニ三脚を試してきたが不満あった。
例えば雲台がチープすぎて締めても動く。ノブが小さくて回しにくい。剛性が低くてたわむ。ミニだけど収納しづらい形状。など

Leofotoは最近界隈で人気の三脚メーカーらしくTwitterのタイムラインでも同社のMT-01など買った人などが散見されるようになり気になっていた。
特にMT-03はアルミ削り出しの本体に折りたたみ式の拡張脚を持ち、ひと目で「コレ欲しい」と思わせるに十分な格好良さがあった。つまり…買った。MT-03を。


製品はネオプレーンの収納ケースに収まっており非常にコンパクト。重量わずか340g
三脚使うかどうか分からない時でもとりあえず持っていくかみたいな気分になる。重要。


雲台も3種のラインナップがあるが今回は最上位のLH-25モデルを選択。
本体は冷たいアルミの塊。かっこいい。とても重要。

脚の可動はやや固め。内側から拡張脚を展開するギミックがあり不整地でも安定して設置できる。
拡張脚は伸ばした状態以外では固定されないが可動の固さと相まってしっかり保持されているようだ。
脚に開いている穴には1/4のネジが切ってありオプションのアームやLEDライトなどを取り付けることができる。

雲台のLH-25はノブが大きく使いやすい形状。
PeakDesignのCaptureV3プレートを使っているのでアルカスイス互換であるのは必須条件。
保持力も高くボール雲台にありがちな締めた後わずかにレンズが下がるあの現象が殆ど感じられない。
ボール径25mmの小型雲台とは思えない出来。


展開した状態で全伸長247mmの高さとなる。
拡張足の幅は約7mmだが雲台の上から手で押さえてもビクともしない。


耐荷重量3kgってどれぐらいかなと思ってちょうど3kgのBORG 77EDII一式を載せてみた。
うちのBORGはギア雲台と組み合わせて使う都合上このような使い方は実際しないであろうが重心に気を付ければ714mmの超望遠でも問題なく使用できた。


実際使ってみた感想としては軽量なのにガチガチ超剛性の三脚にしっかり止まる雲台がついており非の打ち所がない。
というか高さ不足か重量超過以外で買わない理由が見つからないレベル。
強いて言えばおねだんが一般的なミニ三脚に比べて高いことぐらいだが…今はとても満足しているからみんなも早く買えばいいと思いますね。


あまりにかっこいいので普段はオプションのスマートフォンホルダーPC-90を取り付けて卓上スマホ置き場として使うことにした。
P20 Proはカメラが出っ張っているので直置きでゲームをやりづらいのだ。


縦位置での使用も問題なし。
充電ケーブルを刺したまま使用できる。

MT-03+LH-25 ミニ三脚 Leofoto | 株式会社ワイドトレード